Coming soon…

おしゃれなベイビー&キッズ専門写真:アメリカのLIFESTYLE式撮影

はじめまして。アメリカ在住、ベビー&キッズの家族ライフスタイル写真を専門に撮っているEMIです。今回のブログでは、アメリカで流行っているベビー&キッズのライフスタイル撮影を紹介したいと思います。アメリカではスタジオで撮影するよりも、個人の写真家を雇い、婚約記念、マタニティーやベビー写真を撮影する人が増えてきています。その理由は”自分好みの写真スタイルでロケーションを選べるから。また価格がお得だから” 確かに個人の写真家を雇った方が、スタジオ撮影よりも丁寧に撮影や編集をしてくれますし、個人的にいろいろなリクエストが可能ですね。私の住んでいる小さな町フォートコリンズにも、100人以上のフォトグラファーがいます。それぞれ専門の分野があり、スタイルや価格もフォトフラファーによってかなり違うので、ユーザーにとっては写真家探しも大変です。ちなみに私の専門は家族とベイビー&キッズです。スタイルは一言でいうと、Modern Vintageですかね。ヴィンテージ風だけどカラフルな色を少し混ぜながらモダーン的に表現しています。デジタル画像だけ提供するのではなく、お客様の家のアートになるような写真を目指しています。
私が個人写真家になろうと思ったきっかけは、2人目の子供の出産時。
ロスの産婦人科病院で出会ったお母さん(有名人だとは全然気が付かず!)が個人の写真家を病院に連れて来ていて、彼女と赤ちゃんの素敵な写真を私にみせてくれました。私も出産後2日目で時間があったので、フォトグラファーにお願い私の赤ちゃんの写真も撮ってもらうことにしました。スタジオ撮影しか経験のなかった私は、出来上がった写真を見てビックリ。写真の仕上がりはとても自然でスタイリッシュ! そんな事がきっかけで、前から趣味で使っていたニコンのカメラを再び箱から出し、ベビー&キッズを専門にした写真の勉強を始めました。2年前にコロラドに引っ越してからは、生後6時間〜24時間の赤ちゃんの写真を病室で撮る仕事チャレンジしてみました。一番楽しかったのは、撮影後のスライドショー時間。撮影した写真をスライドショーでお母さんに見せると、大体のお母さんが涙あふれて感動してくれました。だいたい私も一緒に泣いてしまうのですが、こんなやり甲斐のある仕事に出会ったのは久しぶりだとその時心から思いました。そして2013年、Poudre Kids Photography (PK Photography) を始めることに。多くのママ友にサポートされ、ビジネスも軌道にのり、今では子育てと写真撮影の毎日に追われています。
ちなみに下の写真は、コロラドで撮影したライフスタイル形式の写真です。家族の自然な”LOVE”が溢れていますよね。お父さんはプロゴルファーで有名なアーノルドパーマーさんのお孫さん。いつもゴルフのトーナメントで家を留守にすることが多い中、家族の時間を大切にする親の姿が伝わってきます。皆さんもこんな自然でスタイリッシュな写真を撮ってみませんか?
DSC_0120-vintage
no comments
Add a comment...

Your email is never published or shared. Required fields are marked *

Menu